お墓の管理が必要ない自然葬

お墓と聞いて思い浮かべるのは立派な墓石に大型で壮大な墓地という方が多いでしょうが、最近のお墓事情は少し様変わりしています。それは自然葬と呼ばれるひとつの供養のやり方ですが、自然葬はお墓の掃除や管理が一切必要ない画期的な埋葬方法と呼ばれています。

産経ニュースサイト利用者からとても評判です。

自然葬と一口にいっても樹木葬や散骨など幾つか方法がありますが、自然に還るという意味合いが最も大きいのが樹木葬になります。

亡き故人の骨を土に埋骨するという方式においては以前と変わりませんが、樹木の下に故人が眠っているという部分において少し違いがあります。

樹木葬も勝手に他人の山林で行うと法律違反になる可能性もありますが、最近では樹木葬をメインに取り扱っている墓地がありますので、墓地管理者に尋ねてみると良いでしょう。

故人の骨を樹木葬という形の自然葬にする場合、種類は二つになります。

個人用としてひとつの区画に樹木を植える場合と、複数人用として複数人で同じ区画に樹木を植える場合です。

お客様に相応しい千葉の永代供養墓サイトを見つけることができました。

もちろん個人用の方が残された家族はお参りしやすくなりますが、その分価格面において負担が少し増えますので、よく考えた方が良いです。

墓石を建立した場合は、お盆やお彼岸の際にお墓の掃除から始まって、区画内の草むしりなど手間が必要になってきますが、樹木葬の場合はそのような管理が一切必要なく、基本的には墓地管理会社が引き受けてくれますので手間いらずといえます。



お墓の跡継ぎの必要がなくなるため、安心できる供養の仕方になるでしょう。